予防歯科・トータルヘルスケアPrevention Total Health Care

歯科ではじめる病気の予防について

できるだけ削らない、痛くない歯の寿命を考えた治療。

虫歯や歯周病にならないためには…

虫歯の治療をしたはずなのに、また新たに虫歯ができてしまった。若いころに比べて、硬いものが噛めなくなった。歯をしっかり磨いているはずなのに、口臭がすると言われた。以上のようなことを一度でも感じたことはありませんか?それは、口内環境に問題があるのです。虫歯ができやすい口の中の環境、歯周病になりやすい口の中の状態なのです。歯に穴が空いたから削って詰める…、ただそれでけでは、十分な解決策とは言わないのです。
当院では、1 度治療した歯をもう2 度と治療しなくていいように、繰り返し治療をしなくていいよに、口内環境改善プログラムを行っています。
あなたのお口の環境を適切な予防医学に基づいた検査をし、口内環境を改善し、虫歯や歯周病にならない環境作りを行って、疾病の予防につなげます。

トータルヘルスケア

トータルヘルスケア 予防医学の先進国からやってきた方法です。
フレイルという言葉をご存知でしょうか?
フレイルとは、健常な状態と要介護状態(日常生活でサポートが必要な状態)の中間の状態として、日本老年医学会は提唱しています。多くの方は健常な状態から、フレイルの時期を経て要介護状態に至ります。
フレイルの状態を早期発見し、早期に対応することで、要介護に至る方を減らし、健康寿命をのばすことができるのではないか、と様々な研究が行われ、様々な提案がなされています。この状態では、体重減少や筋力低下がみられます。
体重減少や筋力低下の主な原因は十分な栄養摂取ができないことが挙げられます。
口内環境をいつまでも健康に維持し、口から美味しく食事をとることができるということは、健康寿命の延伸に直結するということなのです。
また、インフルエンザをはじめとするウィルス感染症や細菌感染症の病原菌の大半は口の中から体内に侵入します。口は病原菌の入り口でもあり、栄養のある食事摂取の入り口でもあるので、口は病気から体を守る最初の「関所」です。
口内の環境を整えることが全身の健康に繋がり疾病予防になるということは言うまでもありません。当院では全身の健康維持のためのトータルヘルスケアを実践しています。

バクテリアセラピー

口腔内の代表的な病気である、虫歯や歯周病は、全て口内の細菌が原因です。
この細菌をコントロールすることで、虫歯にならない、歯周病にならない口を作ることができます。
この口内の細菌管理を行う方法は、バクテリアセラピーといい、ヨーロッパで新しく誕生した予防医学で、口内細菌のバランスを変えることで、全身の体質改善をおこなう細菌療法のことを言います。世界63カ国と地域の医療機関に導入されています。

バクテリアセラピー
バクテリアセラピー

優れた力をもつプロバイオティクス

健康な人の体内には、もともと悪玉菌と戦う強い力をもった善玉菌がたくさん共生していました。しかしながら、ストレスや食習慣の変化など要因はさまざまですが、強い力をもつ善玉菌が現代人の体内から失われてつつあるということが、近年の研究で明らかになってきています。同様に、もともと体内にいた善玉菌には特に優れた力をもつ善玉菌がいることも、最新のバイオテクノロジーの研究でわかってきました。この特に優れた力をもつ善玉菌を、『プロバイオティクス』と総称します。

優れた力をもつプロバイオティクス
ページトップ