一般歯科General Dentistry

虫歯治療について

ドックスベストセメント法 Doc’s Best Cement

歯をできるだけ削らない、痛くない、歯の寿命を延ばしていくための治療法
ドックスベストセメント法 Doc’s Best Cement
虫歯は「天然ミネラル」で治す時代です。

これまでの虫歯治療は虫歯菌におかされた部分をすべて削って取り除くのが一般的な治療法でした。しかし、虫歯が奥深く進行しているケースでは、従来法では多くの場合、歯髄(いわゆる歯の神経)を取らないといけなくなってしまいます。歯髄(神経)を取った後の歯は「枯れた木」に例えられており、栄養が十分に行き届かなくなってしまい歯の寿命も短くなります。
ドックスベストセメント法では、削り取るのではなく、ミネラルの力で感染した部分を殺菌して、その結果、歯髄を守ることができる画期的な虫歯治療の方法です。当院ではできるだけ削らない、歯を残していく、歯の寿命を延ばすための治療を行っております。

口腔外科について

口腔外科

親知らずや、お口の中の疾患だけでなく
お口の周りの様々なトラブルを治療します。

親知らずとは、十代後半ごろから生え始める最後の永久歯です。奥歯のさらに奥に生えてきますが、現代人の多くは顎が小さいためスペースが足りず斜めに生えたりして、正常に生えてくることは少ないです。そのため、歯並びに悪影響を及ぼしたり、歯肉が腫れて痛みが出たり、隣の歯と一緒に虫歯になったりと、様々なトラブルを招く恐れがあります。親知らずは真横や斜めに生えていたりしますので、レントゲンやCTで診断をして抜歯が必要かどうかを確認する必要があります。当院では最新の3D-CTを導入しています。このCTは3次元までの精密な撮影をする事が可能となりますので、より精密な画像で診断をする事が可能となります。

ページトップ